FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州物語2013 vol.1 ベルギーへ

2013.07.26 01:23|travel_2013
2013年今年はベルギーに行ってきました。
実は通算3回目。でも1回目は15年超前に数泊、2回目は10年超前(今回の目的地の1つでもある)ブルージュに1泊だけという、経験があるようなないような記憶もおぼろげな状態でした。
いえ、それでも経験があるのとないのとではだいぶ違うものですよね(と含みを持たせる)

二度の本番が終わってすぐだったので、なんだか分からないうちに仕事とパッキングをどうにかこうにか済ませての出発となりました。睡眠時間は2時間くらい。

今回の目的地、ベルギー。
日本からベルギーへの直行便はないため、必然的にどこかで乗り継ぎになりますが、今回は少し変わったチケットです。

利用はKLMオランダ航空。オランダのスキポール空港から目的地ブリュッセルまでは陸路。鉄道チケットまでが航空券に含まれる、という特殊なタイプです。
エールフランスでパリから入る場合も、同様のパターンのチケットがあります。
--------------------
KLM利用の場合、アムステルダムからブリュッセルは空路もあるため、陸路・空路選択可能。
エールフランス利用の場合、パリからは陸路のみのようです。
--------------------

到着が早かったせいか空いていて、余裕を持ってチェックイン。

スキポール空港からブリュッセル南駅までの鉄道チケットは現地で受取なので、その詳細についてチェックインカウンターで詳しく教えてもらい、空港ガイド(日本語版)もいただく。

チェックイン後、海外用のwifi端末もレンタル(予約済)。
カード会社の割引もあって、1日1000円程度でしたが、これも後々の必須アイテムに。
日頃からネットで調べることになれすぎてしまっているのかもしれないのですが。。

ということで、利用航空会社は先述の通りKLMオランダ航空。
シート配置は3-4-3。
席は窓際3列側の、緊急脱出口の"前"ということで、シートピッチは普通と同じものの、リクライニングは後ろを気にすることなくできる席でした(予約通り)。
で、トイレもすぐ近く。

離陸は10時35分。
朝食が5時半だったので、おなか空くのも通り越した日本時間の午後1時過ぎに機内食登場でした。
私の席に来る頃には、洋食メニュー(ビーフシチューだったかな?)が残っておらず、和食(そぼろご飯+鮭)となりましたが、これはこれで美味しかったです。
しかしパンもつき、そうめんもついていて、炭水化物過多カタ……。

最後まで持ち物をノートパソコンにするかiPad miniにするか悩んで、結局miniを選択。
今回のガジェットは
・ガラケー(通話機能のみ使用可能状態に)
・iPhone(wifi接続時のデータ通信のみ使用。いざというときは海外ローミングも検討)
・iPad mini(飛行機、ホテル時でのwifi接続のみ使用)

ということで、機内では、miniに落としておいた電子書籍を読んで過ごす時間が長かったです。
複数冊文庫本を持ち歩かなくていいのは有り難いです。
正直を言えば、旅行ガイドブック系が電子書籍になってくれると有り難いんですけどね。都市別/地域別で買えるとか。。。
(特に複数国行く場合はあの重さは結構な負担ですよね。。)

個人的に機内用のイヤフォンが余り好きではなく、映画もあまり見ないので、パーソナルモニターは、フライト情報にしておいて、読書したりうつらうつらしつつ「あー、今この辺だー」と確認しながら過ごすことが多いです。
音楽は自前のプレイヤーで聴いてます。
(今回はminiに楽譜も入れていたので、音源聴きながら譜読みしてたりも)。

就寝時間にはバニラアイスも回ってきました。飲み物が回ってくることも結構あったかな。
機内最後尾のギャレーが「自由にお取りください」状態になっていて、勝手に飲み物を持ってこれるようになってました。
歩く方がエコノミークラス症候群予防にもなりますしね。

20130706_sky.jpg
こんな写真撮りに行ったりとか。

着陸直前の機内食も完食してそんなこんなの約12時間後、定刻より20分早い現地時間15時過ぎに無事スキポール空港に到着。

電車の時間は17時半なので、かなり余裕。

スキポール空港はお初でしたが、機能的で簡素。ドイツ系の空港にやはり似てるかな。
入国で15分くらい待たされましたが(ヒースローに比べれば待ったうちに入らない!)、荷物はあっさり回ってきました。

入国し、成田で教えてもらったとおり電車のカウンターを探します。
その前に空港の形状を確認したのですが、出国ロビーからいろいろなお店があって、その先に広場が。広場のエスカレーターを降りればすぐホーム、でした。
いやはや、造りがいい。

国内線と国際線のカウンターがあって、気づかず国内線のカウンターに行ってしまったのですが、おじさんに「隣だよーん」と教えていただき、お隣の国際線へ。
……確かに2時間足らずとはいえ、オランダ→ベルギーと国際線なのでした。。。

お隣のカウンター行ってeチケットを見せるとみると。


「そんな電車ナイよ」


……ハイ?


eチケットに載っている電車がそもそも存在しないというのです。
そんなことは慣れた物なのか、でもキーボードは片手一本ずつのヒジョーに不安な感じの操作で、代替の電車を探してくれます。

1.早く出発電車するが3回乗り換え
2.遅く出発するが乗り換え1回
到着は数分差。

重い荷物を持っての移動、もちろん選ぶのは後者です。

鉄道チケットを発券してもらうと、なんと出発時間は18時すぎ。
2時間以上、時間をもてあますことになってしまいました。

機内食のおかげで、おなかはいっぱい。
日本時間はちょうど日付をまたいだ辺りで、眠気がピーク。

空いているベンチと、眠気が限界に来てその辺のショップを冷やかし、最後はカフェで飲み物だけ飲んでいましたが、この時間がかなり地獄でした。

それでもどうにかやりすごし、教えてもらったホームから電車に乗り込み、まずは30分ほど揺られてロッテルダム(オランダ)へ。
そこから国際特急のタリスに乗り換えて一路ブリュッセルへ!

だったのですが……。。。。

乗り込もうとして乗務員に指摘されて発見。タリスのチケットが間違っていました。
18:58発のはずなのに、チケットに印刷されているのは、15:58……。

究極的には、確認しなかったこちらのミスなのですが。。こんなミスあるか。。?

駅にいる係員にも冷たくあしらわれた(高額な費用がかかるとか脅された)のですが、別の乗務員に、スキポール空港のスタッフのミスだ!!と主張したら……いいよ、と、乗せてくれました。

途中、アントワープでも人が乗るから人が来たら席からどいて、という話でしたが、そもそも空きをみつけるのが大変そうだったこと、意外と狭くて大きい荷物を持っては入れなかったことから、荷物は荷物置き場の横にはみ出す形で置いて、そのままドアの横にある臨時席に座ってました。
それはOKなようでした。

そんなこんなで、激しい疲労を覚えつつ、小一時間ほどでブリュッセル南駅へ。

ブリュッセルは、一番大きいターミナル駅が南駅になります。
タリス(パリ←ブリュッセル→アントワープ、ケルンなど)や、ユーロスターの発着は南駅。

今回のホテルは中央駅付近だったのと、時間もすでに20時半を回っていたので、南駅からはタクシーで行くことにしました。

で、どうせタクシーだから、と駅内のスーパーでペットボトルの水(1.5l)を購入。
ベルギーの軟水のミネラルウォーターは、SPA Reine(青ラベル)です(赤は炭酸、緑は微炭酸)。ベルギー東部の都市、SPA(SPAはあの日本語にもなっているスパの町。温泉町)のお水です。
ベルギー国内ならどこでも売ってます。

日本と変わらぬ味の軟水の銘柄がある、それがあらかじめ分かっている、というのは、小さなことですが、案外大きいかな、なんて思ってます。

10分ほどで、ホテル近くへ。
この先は入れない、あそこだよ、とタクシーの運転手さんに教えられて向かいます。坂を15メートルほど下ると入り口。

今回の宿は27室ほどのプチホテル。
旅の同行者がどうしてもヨーロピアンなタイプのホテルがいい!!ということで、結構がんばって探していたら……、ちょうどそのとき、某予約サイトのセールで30%オフに。
かなり格安に泊まれた上に、しかも、ジュニアスイート☆(普通のツインの客室より安い位でした)

今回の旅の、最高の当たり!はこのホテルだったかも。

ツインのジュニアスイートで、二人がけのソファーと広いテーブルがあり、CDプレイヤーもあり(ばらばらでしたがクラシックのCDが数枚置いてありました)、大きなクローゼット。
なんと言っても、バスルームとトイレが別にあるというのは、珍しかったし、便利でした。

疲れ果てていたので、ざっくり翌日の予定を確認して、シャワー浴びて、泥のように眠るのでした……。

<2日目につづく>

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

コメント

非公開コメント

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。