FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心者からの卒業??  ~チェロレッスン #90~

2013.06.09 22:45|Cello Lessons
uptonow_ver3_1.gif
spacer.gif
    チェロ歴 : 4年3ヶ月(2009年2月14日~)
    現在の教本 : 
      ・J.S.バッハ 無伴奏チェロのための6つの組曲(ベーレンライター版)
      ・ドッツァウアー 113の練習曲第 2 巻(IMC版)
      ・ハイドン:チェロ協奏曲 第1番(ヘンレ版)
spacer.gif
uptonow_ver3_2.gif

発表会が終わって、2週間が経ちました。
(まだ発表の機会はあるとはいえ、それでも)若干燃え尽き現象っぽくもあり、6月病っぽくもあり……、というなか、思ったより早くに来てしまった仕切り直しレッスン1回目。
(や、決めたの自分ですが)

発表会前はどうしてもレッスンは発表会の曲だけになるので、終わると「はてさて何やってたっけ?」となりますし、先生の気分も変わっていたりするのですが、ひとまずやりかけで放置状態のドッツ先生とバッハ先生をさらいつつ。
センセ、妙にやる気のハイドンの譜読みもしつつ、やる気出ずにぼけっともしつつ。
で迎えました。
前回のレッスンからは、約1ヶ月ぶり、となります。

■ボウイングの練習
よりよい音、より滑らかなボウイングのために強化開始。
・それぞれの弦で1弓の間に強弱の波をつける
・それぞれの弦で1弓の間にクレッシェンド、ディミニエンドをする
・肘を意識する

■ヴィブラートの練習
本格的に開始です。今年1年でがっしりできるように!とのおハナシ。
・ローリング型とスライド型の練習。
→私はとりあえずスライドの方が先にできそうなので、そちらを先に身につけてみましょ、と。

■ドッツァウアー49番(仕切り直し1回目+x回)
何回目かだけれども、今までより細かく見ていくということで。
・スタッカートの処理(ちゃんと弦に弓を噛ませる。発音に気をつける)
・音色の作り方
<49番終わったら、リーの教本に移行。いつになることやら。。>

■ハイドン:チェロ協奏曲第1番第1楽章(1回目)
「ハイドンやるからとりあえずバッハはお休みしましょう」ということでレッスンでは、無伴奏からしばらく離れることとなりました。3番サラバンド中途半端ぁ……(いえ、個人的に練習はします)。

楽譜に関しては先生と同じくヘンレ版で。
しかし先生の時の版からさらに何も書いていないようになったヘンレ先生。。きびしかとー。
(すでに先生の書き込みは基本的に写させてもらっています)

・最初の和音から十六分音符2つはそのままダウン(スラーと考えてOK)
・24小節目2つめの和音はできればアップで(そのまま弓順で)
・30小節目、装飾音符だけど四分音符なので、四分音符の長さを取る
(※どの長さを取るかは奏者の個性が出る)
・親指ポジションは、なるべく痛くない位置を発掘(あとは慣れ)
・親指は押さえてそこからそのまま動かず1オクターブ弾けると思うと楽(?)
・40小節目は指が届きにくいと思うけど、「がんばって練習して」
・41小節まで慣れる(可能ならその後47小節目<tutti前>まで譜読み)

センセに乗せられると一瞬弾ける気になるのが怖いです。。30小節目くらいまでしか譜読みしてなかったのに、気づいたら41小節目とかやってるし。(もちろん初見)

親指ポジション周りは「知らないからできないだけで、分かったからもう自分でできるよ」と素の笑みで言われてしまうと、うっかりその気になります。

うっかりその気にさせるのが、センセ、とてもお上手です。
ハイドンの協奏曲なのに、ハイドンの協奏曲なのに、ハイドンの協奏曲なのに……。

* * * * *

レッスン料が次回からちょっぴり値上がりします(笑)
「今までは初心者料金だったけど」ということだそうですが、えええええ、私が初心者卒業ということ!?

レッスン料の値上がりはいいです。値上がっても相場より全然安いので気になりませんというか、むしろ先生これでいいんですか!?と今まで思っていたので。

そうではなく、衝撃的だったのは、先生に取っての扱いが「脱初心者」ということになることです。

初心者じゃないから、だからもっと細かい指導を。と。いうことで。
レッスン最初のボウイングとか、細かな発音のこととか、今までとは少し段階の違う練習になるよ、ということの現れなのはわかります。

自分としては、周囲に上手い人が多いこともありますが、まだまだひよこだとは思っています。
でもそれだけじゃいられないこともわかっているので、見て聞いて感じて考えて、アンテナを広げて、「上手くなりたい」と呪文のように唱え、向かっていくしかない。
でもそれが楽しいんだもんね。

ということで、ハイドン、ハイドンハイドン。。。アンサンブル中心に手持ちの曲増えすぎだけど、もうやるしかないー!

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

関連記事

コメント

非公開コメント

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。