FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛替えとチェロ弾き合い

2013.05.11 23:37|Cello
素晴らしいお天気に恵まれたGW最後の日、HさんとRさんと毛替えに行ってきました。

発表会3週前に毛替えして大丈夫かという思いはあったのですが、先生に条件付きでOKいただき。
また、前日のレッスンで先生の弓も預かりました。プロでガツガツ弾いているだけあって、糸巻きの部分からぼろぼろ。その弓は私と兄弟弓で、今回毛替えをお願いするのも互いの弓の作者さん。先に持っていって修理をお願いするという話です(先生は後日もう一本弓もって毛替え&受け取り行く)。

糸巻き。ぼろぼろになるのを避けたり、指の当たりを緩和するためにシリコンのチューブ付けたりとか紙絆創膏など張ってるプロもいらっしゃいます。シリコンだと柔らかくていいけど、弓の重さ(と重心)が変わるから、気になるようなら絆創膏の方がいいよ、と、先日の某演奏会の後にお話しする機会があって、N響のF森さんにそうアドバイスいただきました(F森さんはシリコンのチューブ)。

* * *

毛替えの前にBBQ!
工房のある場所がまた竹林と藤の古木を臨む素敵な場所なのですが、本来の目的を忘れそうなほど夢心地でした。
その後、毛替えして貰った弓で早速楽器を触る。

Hさんの新しい楽器。仮名・サンちゃん。クレモナ生まれの0歳児。仮名の由来は作者さんの名前からですが、愛称の如く?(サン=太陽、なんちゃって。いや突然英語ですが)、イタリアントーンの明るい響き。
楽器屋さんに着いていって紛れて試奏にしたときにも弾いているのですが、改めて弾いてみると、その倍音の多さにびっくりします。倍音の特売セール?という位、ものすごいのです。

持ち主ご本人のHさんも仰るとおり、弾いているときA線が籠もるような感じがするのですが、端から聴いているとそんなことは全然感じず。美しく楽しそうに鳴るのでした。

まだ0歳。これからどう変わっていくかがとてもとても楽しみな楽器です。


* * *

と、人のチェロを褒めていると、素敵に拗ねるウチの相棒さん。推定年齢200歳。出自はドイツ。

サンちゃんの後に鳴らすと渋さにのけぞります。同じ楽器かと思うほど音色が違います。
サンちゃんに比べると倍音出ないですが、比べちゃいけませんな。

互いの弓で互いの楽器を弾き合うのですが、不思議とやっぱり相棒さんには相棒弓さんが合っている感じです。
弓一つでこれだけ変わる……というのは、先日からの命題というか、そんな話に縁があるこの頃という感じです。
はい、わかりましたお金貯めます。。。

どうやっても倍音特売セールでサービス精神旺盛なサンちゃんに比べ、相棒さんはとても厳しく確固たる信念がある感じ。その代わり鳴らし方・歌い方をちゃんと教えてくれている感じがします。

楽器の想いに応えられておりませんので、「違うってば!」「ちーがーうー」「もー、へたくそ!」などと常日頃私に向かって罵詈雑言だろーな、と想像。
すみませんすみません。

やっぱりいろいろな楽器を弾かせていただくことで見えてくるものもある気がします。
触れておりませんが、Rさんの仮称・ポンちゃんだって、こんな風に歌えるよ、と楽器が言うのです。

人に自分の楽器を弾いていただくと、また人の楽器を弾かせてもらうと、日常との差から気づきをもらえます。やっぱりそれも大事なことだなと思うのでした。

楽器の要請に応えられるように、楽器と一緒に歌えるように、目指していきたいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

コメント

非公開コメント

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。