FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

模倣強化月間  ~チェロレッスン #72~

2012.06.03 20:15|Cello Lessons
uptonow_ver3_1.gif
spacer.gif
    チェロ歴 : 3年3ヶ月(2009年2月14日~)
    現在の教本 : 
      ・J.S.バッハ 無伴奏チェロのための6つの組曲(ベーレンライター版)
      ・ドッツァウアー 113の練習曲第 2 巻(IMC版)
      ・ローブ「Scales and Arpeggios」(Gerard Billaudot)
      ・グリーグ インテルメッツォ (Henle版)
      ・メンデルスゾーン 無言歌 (IMC/クルツ編)
spacer.gif
uptonow_ver3_2.gif

6月になりました。
つい先日、年明けからずっと携わっていた仕事が終了しました。

しかしながら次の仕事が控えていて精神的な解放感は特になく、なのに身体の方は幾分気が抜けたようで体調悪化気味。いやいや倒れている暇はないんですってば。

ただ、それでも、平日でも、今までよりはチェロの練習に励めそうな感じはしています。
というか、発表会までとうとう1ヶ月、練習しないとまずいんですってば。

~ * ~ * ★ * ~ * ~

●無伴奏3番 クーラント
今回も指慣らしとして。
発表会への曲と共通部分として、D線でしっかり弦を押さえること。
歯切れ良く、あるいは滑らかに弓を使うこと。
指と弓のタイミングを合わせること。
さらいました。

●グリーグ インテルメッツォ
●メンデルスゾーン 無言歌

両曲とも、最近始めました。
それは、「模倣」。

というか、グリーグに関してはトゥルルス・モルクの演奏を、メンデルスゾーンに関しては、とりあえずジャクリーヌ・デュ・プレの演奏を、イヤフォンで聴きながら同時に演奏する、ということしてます。

最初は、録音の音を大きめにして、次は逆に凄く小さくして、演奏します。

すると、ただ聴いているだけではわからなかったテンポの揺らし方や、演奏者がどんな表現をしたいと思って弾いているのか、ということが、くっきりわかるようになりました。

無論、自分の音程や音質の悪さも突きつけられるのですが、伴奏慣れになるという意味でも、なんだか実になっています。
(真似っこしても、絶対似ないもんねー、という確信も、また、あります)。

ちょっと先に進めたかな、と。

それをふまえてレッスンに行ったら、先生がちょっとほっとしたような表情だったのは気のせいではあるまい。。。
残りは、
・音が飛ぶ箇所での、「溜め」。
・細かな音程
・D線での音の処理
といったところを突き詰めて行く感じで大丈夫でしょう、と。

あ、あとは発表会でやる合奏の譜読みもさらりと。

~ * ~ * ★ * ~ * ~

次はもう、ピアノの伴奏合わせ、です。
なんと、その合わせの後にレッスン入れていただくことに。

あと3週間でどこまでできるか。
練習できないときも、音源聴いてイメトレしてみたりして、仕上げて行ければいいなと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

関連記事

コメント

非公開コメント

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。