FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラディーミル&ヴォフカ・アシュケナージ ピアノ・デュオ

2011.10.05 23:10|concerts
冷たい雨が降りしきる中、行ってきました、サントリーホール。
「ウラディーミル&ヴォフカ・アシュケナージ ピアノ・デュオ」です。

私が本格的にクラシックにどっぷり浸かる前に、アシュケナージ(父)はピアニストとしての活動から一線引いてしまっていて、ということで、アシュケナージ生ピアノは初、ということになります。

ちなみにピアニストとしての演奏活動をしなくなった理由として、"もともと手の大きくないアシュケナージが無理に練習を重ねている内にかなり曲がってしまい、若い内は無理もきいたが年齢と共に難しくなった"とのこと。

Programme
プーランク:2台のピアノのためのソナタ
ラフマニノフ:組曲第1番 Op.5「幻想的絵画」
ムソルグスキー/ヴォフカ・アシュケナージ(編曲):禿山の一夜
ラヴェル:ラ・メール・ロワ
ラヴェル:ラ・ヴァルス
<アンコール>
シューマン/ドビュッシー:カノン形式による6つの練習曲より 第4曲

* * * *

一時期、2台ピアノの曲を良く聴いていた時期があって、アシュケナージのこのCDも手元にあります。

ラフマニノフ:2台のピアノのための作品全集ラフマニノフ:2台のピアノのための作品全集
(2003/10/22)
アシュケナージ(ウラディーミル)

商品詳細を見る


こういうロマンチックな曲は、ホント上手。
ラフマニノフの「幻想的絵画」聴けたのは、嬉しかったな。

74歳。少し体力的につらそうな感じもありましたが、やっぱり少しでもいいから、ピアニストとして演奏して欲しいなと思ってしまった夜でした。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事

コメント

74歳なの?

もうそんな歳なのか。
そりゃピアノ弾くのも大変か(^_^;)
でもピアニストって長生きだからねぇ。
非公開コメント

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。