FC2ブログ
2013.05.26 20:00|Cello Lessons
4回目の発表会が終了しました。
やっぱり兵どもが夢の跡、的感覚でぼーっとしております。

例年7月なのですが、会場が取れなかったとかで今年は5月に。
プログラムを見ると、いつもより参加者が少ないなと思っていたのですが、子供たちが運動会と軒並み重なってしまったのだとか。
……あららあららら……。

人数が少ないせいか、「今年は現時点で5分巻き」というあり得ない台詞で舞台袖では大人も子供も大騒ぎ。1時間以上押すのが当たり前なのです。。
(だってセンセ、明らかに10分かかる曲もあるのに一括で一人5分計算してたりとか。。げふげふ)

* * *

午前中はリハ。
私は比較的遅いグループだったのですが、早めに行って練習してようと思ったら……楽屋が暑い!
人口密度もあるんですが、余りの暑さにボーっとする&音程がずんどこ下がっていくので、途中であきらめて楽器を通路に出しました。

舞台袖が寒くて、ここでまた音程が狂う(音を出せるのが楽屋だけ)。その辺の調整が今回は比較的難しかったかな。。

リハでは、先日のピアノ合わせよりは良い感覚。

3日前に気づいて矯正していた部分はうまく行きましたが、いつも全く間違えないところでやらかす……。止まることはありませんでしたが、ちょっと動揺が。
先生には「去年よりずっと音量出ているし、音の粒が際立ってきた」
と言っていただけたのが嬉しかったです。

毎年ホールは同じなのですが、奏者としての気分はやっぱり毎年異なります。
狭いところでしか弾いたことがなかった初回は、自分の音があまり聞こえないことにびっくりしたことをよく覚えています(前に飛んでいくけど、狭い部屋みたいに反射して返ってこない)。

4回目となる今回は、自分の音は比較的よくわかったのですが、逆にピアノ音がやや聞こえにくかったかな。。途中から、「いいや、自分の好きに弾いてある程度合わせてもらおう」という開き直りは出てきましたが。ホールで弾く、ということは少し自分の中に落ちてきたかも。

* * *

門下の方々とは、ほとんど、この年に一回の発表会でしか顔を合わせません。
たまーに、先生の演奏会の会場で顔を合わせることもありますが、それも希な話なので、裏側では楽器、弓、選曲の話で盛り上がります。

選曲は。。今年も、センセ歴ほぼ同期なMさんに「どこからその曲を仕入れてきたの?」と言われてしまいました(笑)。
すでにご自身生徒さんを持ってらっしゃるSさんにも「うん、あれ弾いてみたい」と言っていただき、嬉しかったです。

個人的には好きな曲で、四人の録音を毎日繰り返し聞いてました。もちろん勉強のため、というのもありましたが、チェロの魅力に溢れた曲じゃないかって(その割にマイナーなのはなぜだろう。。)。

ヴィブラートきれいに掛けられるようになったら、もう一回チャレンジしたいなと思う曲です。
(この曲を「本番」として弾く機会、まだ近々に2回ありそうではありますが、それとは別に。数年後という意味で)


そして、いろいろ人とお話ししたところ、どうやら私だけが選曲に結構却下を食らっているらしいです。。
他の人は、そのときレッスンでやってる曲そのままだったりするらしいです。。
センセにお任せだったりもするらしいです。。
いえ、確かにレッスンの曲にするとFちゃんとかぶるとか、候補の1がTくんとかぶってたとか、いろいろ諸々あるんですけど。私は結構一から丸投げで「曲探してきてね」、なんですけど。謎謎謎。。


弓は。
先生筆頭に、上記のSさん、Tさん、今回お休みだったIさん、そして私、と同じ作者さんの弓を持っています。考えてみると凄すぎる(笑)
ちなみにSさん、Tさん、私は昨日の発表会でもその弓でした。
そんなんで、弓と言うより、作者さんの方の話で今回も盛り上がった次第です。。

* * *

午後の本番は、あっという間に回ってきました。
チェロ部①の前の子供たちのアンサンブルが袖から聴いていても凄すぎて、「この後に弾くの嫌です><」と先生に愚痴っていた、Mさんと私(^^;;
本当は客席から聴きたかったな。

……と、余裕もなく、本番。
リハと同じく普段絶対に間違わないところで運指と運弓がおかしくなって一瞬パニックに。傍目にどう映ったは謎ですが……。
リハの方がいい出来だったなあ、というのが正直なところ。
緊張度合いはむしろリハの方が高かったような気がするのですが。

毎年思うことではありますが、反省点も悔いも、次につなげるしかないなと。
今回も最後足掻いたところで見えたものもありますし、最後まで足掻いて、その最後の最後で楽しく弾ければ、なと思います。

忙しさの余り悶絶していたり、指怪我しちゃったりと、予定内予定外の出来事もありながら、この日をとりあえず迎えられたこと、良かったなと思ってます。

見に来てくれた、チェロ仲間のYさんとHさん、本当にありがとうございました。
差し入れまで、ホントにありがとうございました(感涙)

* * *

発表会の日に次のレッスン決める、というお話だったので帰り際センセに話かけると。

「ハイドンの譜読みだね」

と、にこにこ。
今までの曲ではこんなにセンセこだわったことがないのに、4月のセンセの演奏会の後といい、今回といい、なんとなく私に弾かせることに妙なこだわりを感じるのです。。
なんだろう。。

ところが日程の話になると一転、センセ「うーん」。
早く押さえないと先生どんどん時間なくなるのわかってるのでやっぱり、という感じ(^^;;

とりあえずレッスンできそうな日程をメールでいただくと言うことで、本日終了。
センセ、8月の後半も日本にいないし、どんどんレッスン入れづらくなっていく。。やっぱり他のセンセとのダブルも検討した方がいいのだろうか。。

ということで、日程決まってないけれど、次からの曲は、ハイドンのチェロ協奏曲第1番(とりあえず1楽章、2楽章もやるかも?<センセの気分次第>)です。

今の私がやるなんてハイドン先生に対する冒涜だとセンセに言ったのに、センセ「チェロ弾きはいつか通る道だから」と笑ってスルー。だから、その「いつか」は「今」じゃないんじゃないかとー、言う話なのですが-。
決まったものは決まったもの。とりあえず立ち向かってみます。
うん、この前弾いてみたときは4段目で投げたけど(笑)

目標はあってないようなもの。
上手く弾けるようになりたい、このあの曲が弾きたい、こんなことあんなことがやってみたい、いろいろあるしそれは時に変化する。そして、「何か」がなくてもやっぱりチェロは弾くような気がするので。

変化には寛容に。
でも自分なりの芯は持って。

ということで。

また自分なりに歩んでいきましょう。

という感じです。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事
スポンサーサイト



04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード