FC2ブログ
2012.06.26 23:24|Cello Lessons
発表会まで、あと、2週間。

伴奏合わせがありました。
ピアニストさんは去年と同じ方なのである意味安心です。

私の順番は最後、ということで、案の定時間が押してました。それで、お話したり、当日のプログラム見たりしつつ待っていたのですが。


今年の皆の選曲を見て絶句。皆レベル高すぎでしょー!!。。。(吐血)。


競争じゃないし、他者と比べることに意味はもちろんないので、そういう感想ではなく。
発表会参加するの3回目ですが──多少の入れ替わりはあるにせよ、ずっと顔を合わせているメンバーもいるなかで、皆着実に1年ごとにレベルアップしていてすごいなぁ、という、そういうものです。
負けていられないよね。
いえ、これも比較でなく、己を鼓舞する意味で。

発表会は、ある意味、それまでの自分との戦いの、結実だから。
やれるだけやって、弾ければいいなぁと。
あとは楽しむだけ!という心境に、当日なれればいいなぁと、それだけです。


さて、当の目的の伴奏合わせの方は、意外とすんなり行きました。
やっぱり「模倣強化月間」は効いていて、伴奏を慣れしていたからか、音もわりと聴いて弾けました。
先生とピアニストさんと相談しつつ、テンポ設定とかイメージの話とか。
普段のレッスンとはまた少し違う、充実した合わせになりました。

グリーグはより渋く。
メンデルスゾーンはお花畑の方向で(笑)

今回わりとあっさり譜読みできたせいか、その後、逆にどんどん難しく感じるようになりました。
この曲をこう弾きたい、ああ弾きたい、こんな工夫・表現がしてみたい――そういう欲がどんどん出てきて、自分の目標設定が上がったためかなぁと。

ぼそっとそんなことを言ったら、「でも大事なことだよね」と先生とピアニストさんお二人共から。

普段のレッスン・曲では、このギリギリまではやらないので。やっぱり発表会に向かって仕上げることって大事だなあと再確認した次第です。

ホントは、普段から全部、そうできればいいのかもしれないのですが。

* * *

次のレッスンは発表会前ギリに平日に入れていただきました。

諸事情により、ちょっとした用事でもともと半休予定だったので、そこを活用。

さらに発表会後のその次のレッスンまでに1ヶ月以上開いてしまうことになったので、次のレッスンでは、曲決めもすることになりそうです(で、空きの期間に譜読みする)

何の曲にしましょうねぇ。
背伸び過ぎず、でもちょっと背伸びな曲。

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
関連記事
スポンサーサイト



05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード