FC2ブログ
2011.04.29 23:30|CDs
20110424_yaesakura_s.jpg

そろそろ最後の八重桜。

の "八" に引っかけてというわけでもないのですが、ここ数日よく聴いているCDはこちらです。


MeditationsMeditations
(2011/02/08)
Les Violoncelles Francais

商品詳細を見る


Les Violoncelles FrancaisのMeditations。

レ・ヴィオロンチェレス・フランセは、LFJのプロデューサーとして泣く子も黙る(?)ルネ・マルタン氏がプロデュースしたフランスのチェロ八重奏団です。

収録曲は以下の通り。
1. ブロッホ: 「ユダヤ人の生活から」祈り
2. カザルス:鳥の歌
3. ラフマニノフ:ヴォカリーズ
4. ドヴォルザーク:交響曲第9番 Op.95『新世界より』~第2楽章:ラルゴ
5. オッフェンバック:ジャクリーヌの涙 Op.76-2
6. フォーレ:夢のあとに Op.7-1
7. シューマン:「12の詩」より古いリュート Op.35-12
8. シューマン:「リーダークライス」より異郷にて Op.39-1
9. シューマン:「リーダークライス」より月の夜 Op.39-5
10. シューマン:「リーダークライス」より古城にて Op.39-7
11. ワーグナー:「タンホイザー」~「おお、おまえ、いとしい夕星よ」
12. ヴェルディ:「ドン・カルロ」~「彼女は私を愛したことが無い」
13. チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第3番変ホ短調 Op.30~第3楽章:葬送とアンダンテ

ライナーノーツには、その曲のソロが誰かちゃんと記載されているので、音色の差を味わうのも面白いです。

また、夢のあとに、やヴォカリーズなど、元々「独奏&伴奏」という曲より、個人的には、新世界みたいなオケの曲のアレンジの方が新鮮で、かつ、チェロの魅力がたっぷりな気がします。
「ジャクリーヌの涙」もいい!

なんだか落ち着きます。
チェロだから?


* * *

先日のN響Bプロのノリントン氏も素敵でした。
音的には良い席とは言い難かったのですが、わくわくできました。
あと惜しむらくは、チェロが全然見えない席だったこと……。

N響×ノリントンPJTは3年続くようなので、この先の交響曲(特に奇数番!)がまた楽しみ。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

明日はがっつり弾くぞー
関連記事
スポンサーサイト



03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード