FC2ブログ
2010.07.31 22:58|Cello Lessons
6月25日以来の約1ヶ月ぶりのチェロレッスンです。

前回が発表会前ラストで、今月10日に発表会があって、22日のレッスンはポシャリ、そんなこんなで今日の発表会後1回目のレッスンに至ります。

* * * *

先生のご自宅に伺うと、まだ奥さんの(ヴァイオリン)レッスンが終わってませんでした。
犬と遊んでいると、先生は何やら台所にお籠もりに。

ハイ、なんと、コーヒー入れてくださっていたのでした。
前回先生のご都合でレッスンがドタキャンになったこと気にしてくださっていて、レッスン終わった奥さんとともご一緒にアイスクリームまで頂いちゃいました。
返って申し訳なかったです……。

一緒にお話しできたのは嬉しかったのですけど。


BGMが発表会の映像でさえなければ……!


自分の音に悶絶しました、もう、ホント……。
楽器の音自体は結構良かったですけど、腕が腕が腕が腕が……。布団にくるまってハンストしていいですか。

自分の演奏が終わった後はケロリと元気になり、オケ裏話他イロイロ図々しく訊きまくりましたけどそれが何か?


そして、松脂頂いちゃいました。
Guillaumeの。

rosin.jpg

大切な一日になりました。

お心遣いが嬉しくて、先生に教われて良かったと――心から思います。



* * * *


さて、レッスンの方は。

発表会後の目標として。

1.(ホールではちゃんと響いていたけれど)より楽に大きな音を出せるようになる。
2.(右手で)手首を使ってより滑らかに弾けるようになる。
3.(左手の)指の力のトレーニング

という3点が課題になりました。
曲の最後まで弓を持つ手の形が崩れないように、自然に腕の力を掛けて弾けるように。
AD線ではより力を入れず、GC線では今までより少し気を遣って。

左手の方は、G線で0/1、0/2、0/3、3/4、としっかり押さえる訓練をすること。
ただし痛くなるまでやらず、日々少しずつ。

ここまでがイントロダクション。

ドッツァウアーは、7番と8番。
7番8番とも先述の通り、上2線と下2線で弦への気の使い方を変えるように。
そのほかはほぼほぼOKでした。

次は、9番と10番。
10番、譜面のボーイングは先生の指示で2小節ごとではなく1小節ごとに。
→後に続く重音をアップではなくダウンで弾くため。
4度の和音は意外と指を開く必要があるので注意。

曲は発表会の曲のために積み残してしまった鈴木2巻最後の「ブーレ」。
こちらは特段の問題なくOK。

次は。

「3巻もやろうか」

あれー?
まあいいんですけど(笑)
というわけで、3巻もぼちぼち行くみたいです。

3巻は特に小学校時代にピアノで弾いた曲が多く、なかなか新鮮な気持ちで弾けない曲が多いです(^^;;
ボッケリーニのメヌエット然り、ベト様のト長調のメヌエット然り、バッハのメヌエット然り、ユモレスク然り……。


そしてやはりバッハも行きます。
無伴奏1番――からではなく、いきなりすっ飛ばしての3番のブーレI&IIです。

ここは本当にトロが好きだったというロストロ先生(シロクロクロシロ画像)で。




よく考えると、さりげなーく課題増えまくっているような???

宿題(まとめ):
ドッツァウアーの9番10番
鈴木3巻できるだけ
バッハ無伴奏チェロ組曲 第3組曲ブーレI&II



……がんばります。

次のレッスンは9月。ああ、8月すっ飛ばし……。
でも、いいです練習する曲いっぱいありますから~!!!!


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード