FC2ブログ
2010.05.30 23:57|instrument
ククーロさんの所で記事を読んだ事に刺激されて、思考が飛んで飛んで回って回って、この1.5日ばかりブラームスのクラリネット・ソナタを聴いています。

私が持っているCDは、フランスが誇る伊達男(笑)ポール・メイエと、クラリネット界の重鎮、元ベルリンフィルの奏者のカール・ライスターのもの。

ブラームス:クラリネット・ソナタ集&ピアノ・ソナタ第3集ブラームス:クラリネット・ソナタ集&ピアノ・ソナタ第3集
(2002/01/23)
メイエ(ポール)

商品詳細を見る


ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番&第2番ブラームス:クラリネット・ソナタ第1番&第2番
(2003/11/26)
ライスター(カール)

商品詳細を見る


最初のメイエの写真が割れてるのは、メイエのCDといいながら、エリック・ル・サージュの弾くピアノ・ソナタ3番も収録されているからです。
左がメイエで右がル・サージュ。


ちなみに、フルートの巨匠エマニュエル・パユらも加え、レ・ヴァン・フランセという木管アンサンブルもやってます。
追っかけでも何でもないのに、日本での彼らの常宿も知ってる自分って一体……。や、私が通っていた楽器屋さんに彼らもよく来ていたから、という理由なだけですが


ライスターは、少なくとも2回はこの曲の録音があるのですが、これは若い頃のもの。


ブラームスの2曲のクラリネット・ソナタ(共にOp.120。1番がOp.120-1の4楽章編成、2番がOp.120-2で3楽章編成)は、クラリネット吹きには重要なレパートリーです。


と、本日はブラームスのクラリネット・ソナタの話題――というわけではなく、管楽器としてのクラリネットという面倒な楽器について(笑)、です。
前置き長ッ!


クラリネット(の主要な楽器)がB管であることはよく知られています。
つまりは、実音B(B♭)が記譜上の"ド"となります。
なので、B管の音階は変ロ長調(シとミに♭)となります。

が、(の主要な楽器)というところがポイントで、オーケストラでは必須のA管(ここまでがソプラノ)、ソプラニーノクラリネットのEs管(大規模オケか吹奏楽)、アルトクラリネット(通常はEs管)、バスクラリネット(通常はB管)なんてのもあってややこしい。
ちなみにどれも記譜と運指は変わらず実音が違うので、絶対音感持ちにとっては悩みの種であったりしますが……。

あ、ちなみに、ソプラノクラリネットでC管というのも、ちゃんと存在はします。
ただ音程が不安定だとかで、あまり普及しないようです。
例えば、ベートーヴェン先生の交響曲第5番「運命」の4楽章。ハ長調で、記譜もin Cです。それ故C管で吹くのが本流などという説もあるようですが……(ま、大概はB管で吹きます)。

という、ややこしい管の区別の他にも。

ベーム式とエーラー式というシステムの違いもあります……。
日本ではほとんどベーム式で、音色は明るいといわれています。
ビュッフェ・クランポンやセルマー、勿論ヤマハなども普通クラリネットといったら、このベーム式。

これに対するのがエーラー式。ベーム式より運指が複雑で音色は渋い。
ドイツ・オーストリアで使用されていますが、ドイツとオーストリア(ウィーン)でも微妙に違うらしいです。

華やかな高音部を想像される方も多いと思うのですが、クラリネット吹きは意外と低音部が好きな人も多く、渋いエーラー式のクラリネットに憧れもあったり。
日本でもプロでは、一部ドイツクラの方もいらっしゃるようではあります。

……とまあ、結構面倒な楽器です。
リードの種類でもリガチャ(リードをマウスピースに留めるもの。金属や革や紐製)でもマウスピースでも、それこそタル(バレルとも。マウスピースと胴繋ぐパーツ)変えても音が結構劇的に変わるんだから、探求心はくすぐられますが、面倒といえば面倒。自分のセッティングが決まるまで意外と結構手間暇お金掛かります(涙)。
ちなみに私の場合は、楽器:ビュッフェ・クランポン RC/マウスピース:バンドレン M15/リード:バンドレン V12の2.5か3(かなり柔らかいリード)/リガチャ:アトリエモモ 真鍮の銀色の縦型(これが高かった……ってか腕に対して不相応な代物)。全体的に最初の先生の影響が色濃かった。過去形。


ということで、冒頭に戻りまして、ポール・メイエとカール・ライスター。
カール・ライスターの楽器は、WURLITZER(ヴァーリッツァ)らしいので、ドイツ管(そらそうだ……)。
ポール・メイエは確かクランポンだったような。どちらにしてもベーム式以外はないでしょう(そらそーだ……)。

ということで、奏者のキャラクター以外にも、この二人だと楽器の性質の大きな違いというものが存在します。


特に外国の奏者の場合、クラリネットを聴く際には、どちらの楽器を使っているか興味を持っても面白いかもしれません
(日本人だと、赤坂達三さんは確かヤマハ。留学先によっても違ってくるかも。でもほとんどベーム式ってかほとんどクランポンだと思います……)



始めてから色々知って微妙に後悔したってのは、止めた今だから言える笑い話

関連記事
スポンサーサイト



04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード