--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.01 13:43|Cello
ほぼ1年ぶりの記事です。

明けましておめでとうございます。

sheep2.gif


2014は振り返ってみるとチェロ以外のことで、本当にいろいろあった年でした……。
文字にして書き残したくないくらい、劇的というかある意味では人生変わったというか。
正直、こんなに涙を流した年はかつてなかったかもしれない。

その影響をもろに食らって、チェロを弾けない、練習できない/する気になれないことも多く、一向に進歩していません。
でも逆に、それでもなんとなくチェロを続けていられる、弾き続けていられるのは幸せなんだろうなあと思いもします。

レッスンも通えていたのですが、先生のご事情等もあって、数は多くなかったかな。
でも、通えていたこと自体が、とても幸せなことと思えます。

チェロアンサンブルなども、数は減りましたが参加できたものもあったし。


今年、2015年も、もしかしたらいろいろある年になるかもしれません。
でも地に足を付けて、前を向いて、口角を上げて、一歩一歩進んで行ければいいかなと思います。

少しずつでも上達できるといいな。

チェロ的最初のミッションは、チェロの日のための練習と、発表会の曲探し、です。


今年もどうぞよろしくお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
2014.01.13 15:28|Cello Lessons
p8_1.gif
spacer.gif
    チェロ歴 : 4年10ヶ月(2009年2月14日~)
    現在の教本 : 
      ・J.S.バッハ 無伴奏チェロのための6つの組曲(ベーレンライター版)
      ・リー:40 Melodic Studies Op.31(IMC版)
      ・チャイコフスキー:ノクターン Op.19-4(IMC版)
spacer.gif
p8_2.gif

新年最初のレッスンが100回目となりました。
諸処諸々で厳密に言うと100以上なのですが、何はともあれ、三桁に乗ってしまったんだなぁ……と感慨深い物はあります(来月とうとうチェロ歴丸5年だし……)

■パッサカリア
エチュードがあまりにも練習できていなかったので、今度チェロアンでやるパッサカリアをお願いしました。
1番を振られ、楽譜を見て白目(私が1って絶対間違ってると思うの!)
親指の修行と思うことにします。。。

■バッハ:無伴奏3番サラバンド<やりなおし4回目>
曲にも和音にも慣れてきたね、との先生のお言葉。慣れては来たものの、振り回されている感じはまだまだ強いと思うのですが。。
「そのうち、この曲もさらっと弾けると思うよ」
なんですと!?そんな日は永遠に来ないと思うのですが!
「すぐだと思う」
ホントかなぁ。。。。。。。。信じるものは救われる。ということでがんばります。
・後半、もう少し慣れる。

■チャイコフスキー:ノクターン<4回目>
じゃあ、弾いてみようか、ということでいきなり先生のチェロでの伴奏で弾くことに。
カデンツァ含めて、危険運転状態ながらとりあえず最後まで到着。
「慣れたね。うーん、これまだやる?」
ということで、いきなり終了となりました。うぇ。
とりあえず先生がこの曲の中でやらせたかったことは終わった、ということで。
→次の曲は、クープラン:演奏会用の5つの小品 1.プレリュード


相棒・改号、ようやく少しずつ慣れてきました。
弾いてくださった皆さまからも好評で、感謝感謝。
親ばか的ににやけております。
でも自分自身ではきちんと鳴らせていないのは実感しているところ。

先生からウォーミングアップ方法も教わったし、今年は(も)基礎を大事にしつつ、少しずつ進んでいきたいなあと思うのです。
アンサンブルとか、いろいろ経験する中で教わったこと、得たことをきちんと整理できれば、なお、いいのかなとも思っています。

春から初夏にかけて仕事が目一杯なので、諸々のバランスを取りつつ、体調にも気を配りつつ、日々を過ごして行けたらいいなあと思います。
(年始からチェロ背負ったまま転けたり、やけどしたりしてるので、怪我にも注意。。。)

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

関連記事
2013.12.22 23:05|Cello Lessons
uptonow_ver4_1.gif
spacer.gif
    チェロ歴 : 4年10ヶ月(2009年2月14日~)
    現在の教本 : 
      ・J.S.バッハ 無伴奏チェロのための6つの組曲(ベーレンライター版)
      ・リー:40 Melodic Studies Op.31(IMC版)
      ・チャイコフスキー:ノクターン Op.19-4(IMC版)
spacer.gif
uptonow_ver4_2.gif


相棒チェロが3週間ぶりに帰還しました!

この日は、チェロの日の練習会(9:00-12:00)→楽器屋さんで相棒引き取り(13:30)→都内某ホールで演奏会※もちろん聴く方(15:30)と、お昼ご飯も食べる暇がない状態でしたが!それでも手元に戻ってきてほっとしました。

翌日レッスンということで、夜練習するも頭ふらふら。
翌朝練も頭ふらふらでしたが。そんな状態でも感じていたことは、

・楽器自体の重量が重くなった
 ※もう削れないほど薄かった指板を交換したので当たり前なのですが。
・D線の発音がすごくよくなった
・音が重くなった


ということで、年内最後のレッスン。99回目!(※一応)

■40 Melodic Studies 6番<1回目>
指示通りの運指でいいのか疑問のところもあったので、確認しながら。
・(センセ曰く「後々あまり役立つことはないかもしれないけど」)の、3~5段目のややこしい運指もその通り弾いてみる

■バッハ:無伴奏3番サラバンド<やりなおし3回目>
・前半はもうだいぶいい
・修理前より発音が重くなったので、音の出し方に気をつける
・駒よりを心がけて
→主に後半

■チャイコフスキー:ノクターン<3回目>
・出だし(Andante sentimentale)は暗く、家に響くような音で
・中間部(Piu mosso)は対照的に外向きの明るい音で
・カデンツァは小さすぎて読めないから覚えてしまった方が?
もう少しやってみましょう、とのことだったので、もうすぐ終わってしまうのかしらん??


~・~・~・~

相棒・改号は、センセにも好評でした。

上にも書いていますが、以前よりいろいろな意味で「重く」なっているようです。

楽器自体の重量、音、発音など。。音と発音はある意味ではニアイコールなのかもしれませんが(それを言うなら全部関連してますか。。)、弾き方を見直さなきゃいかないかなという気がします。

ちょうど某さんから肘の運動量を上げた方がいいというありがたいアドバイスもいただいたので、新しい楽器に慣れつつ、細かい見直しをして行きたいなと思います。

楽器の修理とともに、実際はそれを待っていたところもありますし。

何しろ弦長を1cm短くしてもらっているので、音程も今まで通りとは行きません!

ということで、早く来い来い冬休み。。


にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ


関連記事
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

うらら

Author:うらら
チェロの練習記を中心に音楽記その他モロモロを綴ります。
基本的にぐうたらです。

ピアノ:
ピアノ歴X年。ブランクありの再開組。の、またお休み中。

チェロ:
チェロ歴4年(2009年2月~)

ぐうたらながら、チェロ弾いてます。

応援よろしくおねがいします(励みになります)
にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

blogram投票ボタン

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。